2011年06月28日

 みらいみず遺産No.02:神の子池


 青く透き通った神秘の池『神の子池』が目の前にある。
誠に不思議。神秘の不思議でもあるが、なぜここに筆者が佇んでいるのか?
さらに誠に不思議。



神の子池
神の子池。
まさに神さまからの贈りもの『神の子池』。



 前回記事の青池から約1年後の5月下旬、今がチャンスとほぼ無計画で隣県北海道1周旅行を敢行、いよいよ夢の道東へ突入。前述の『しんたまさん』の助言のおかげで、北海道オススメスポットを数カ所立寄った中から【みらいみず遺産】第2号認定でました!知りもしなかった場所なのに、何の因果か…これも人をひきつけるパワースポットの未知なる力なんでしょうか。なんだか摩周湖の水と一緒に我が身体をも浄化してくれている錯覚に陥りましたよ。山の湖が水を貯え、小さな泉を森が守る(涙)。特別な場所の感じ方って人それぞれでしょうが、明らかに自然の連鎖とバランスが見事に具現化された奇跡の清泉です。



神の子池
神の子池。
小雨の降る中、息を潜め雨しぶきの最も少ないシャッターチャンスを狙う。
新緑の季節、「ここはどんなだろう」と想像が膨らむ。



神の子池
神の子池。
聖水のような神々しさに見いってしまう。



 小雨の中何人か入れ替わりましたが、皆さん産まれたての保育器の赤ちゃんを見るように、足音に気をつけながら静かに池畔を歩いていたのがとても印象的でした。踏み荒らされずに、北海道という土地柄に守られている…どこにでも沢山の人がいればいいわけでもない。清里町の方々もこの雰囲気を守りたく観光地化の土地開発をあえてしていないだとか。北海道を旅行すると随所に道人のセンスが光ります。アイヌの考え方も色濃く残してくれていたり、学ぶものが本当に多かったです。

 6月以降なら、上記写真に比べてきっと新緑も多いことでしょう♪初めての道東旅行では経由しずらい場所ですが、行ける方はそーっと見に行ってあげて下さいね(^^)



 次回は【みらいもり遺産】『蔦沼 沼めぐりの小路』のご紹介です。



【北海道編】はこちら♪
http://www.pikotang.sakura.tv/hokkaido/
【ぴこたんぐ遺産】一覧はこちら♪
http://www.pikotang.sakura.tv/isan/

posted by ©ぴこたんぐ at 16:04| Comment(0) | ぴこたんぐ遺産
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: