2011年11月11日

 みらいぞら遺産No.01:開陽台


 日本のザ・ベスト・オブ・パノラマ、ここにあり!

 ここに来た全ての者は間違いなく思うはず。
北海道標津郡中標津町、視界330°地球がま〜るく見える標高270mの大地。
【みらいぞら遺産】第1号『開陽台』のご紹介です。

(海や山頂を除き)陸地でのこのパノラマは、圧巻です。残念なのは筆者が携行していたカメラでは、そのパノラマ感を伝えきれないということ。いつものこと?ながら、前出『しんたまさん』のおすすめで立寄ったのですが、標高270mの丘ながら展望台に立てば空が広い!空が手に届きそう!
皆にこの壮大さを感じてもらいたい!単純にそう思える場所なんです♪



開陽台90°パノラマ写真




開陽台90°パノラマ写真


開陽台90°パノラマ写真。
上から@:南西方面 / A:南東方面 / B:北東方面 / C:北西方面



 なんと厳寒の季節には運が良ければ、四角い太陽を拝めるそう。
澄んだ季節は星がちりばめられた満点の夜空だろう、想像しただけでワクワクする。
青空が少しでも欲しかった〜(笑)



武佐岳
武佐岳。



中標津町 開陽台
中標津町 開陽台。
この道あってるのかな?って標津町方面より武佐岳を横目に数十キロ車を走らせると、小高い丘が見えてきた!



 見晴らしの良い展望台に上がると、一気に壮大な世界へと変貌!
こんな場所が日本の国内にあたのか!?それなりに数々の国内旅行はしてきた筆者も、思わず唸った。不覚、またしてもやられた(笑)

 風は少々強かったが、そんなの気にならない。円形上の腰高くらいのそれを壁づたいに東西南北一周ぐるり♪筆者は時計回りにぐるりしたら、反時計周りのカップルにぶつかりそうに(笑)。失礼いたしました、このロケーションについつい興奮しすぎました。
そして、さらに超広大な牧場が眼下に広がり、お牛ちゃん達がパノラマ絵巻図と一体化しているのがまた北海道のお約束。なんとも愉快でノンストレスな(ある意味、超ゆる)パワースポットなのだ。そしておみやげやさんでは、お牛さんいるんだし当然でしょ的にソフトクリーム♪ ※写真なし、スマソ…orz



中標津町 開陽台と雲のアート
中標津町 開陽台と雲のアート。
これぞ雲の自然アート。オーロラの様に真ん中が割れている!
こんな雲、見たことないっ!



開陽台眼下 中標津町営開陽台牧場
開陽台眼下 中標津町営開陽台牧場。
草地含め東京ドーム約100個分の広さ、とにかく広い!中段左奥に見える1ピクセルくらいの点々粒々もお牛ちゃんです(笑)。



 あいにく快晴とはいきませんでしたが、今後の北海道旅行候補地の『阿寒湖+北海道三大秘湖ツアー』に抱き合わせてでもいい、(さらに神の子池リベンジ含め)人生もう一度旅してくるぞと開陽台の空に誓いました。



 次回は【みらいぞら遺産】『寒風山』のご紹介です。



【北海道編】はこちら♪
http://www.pikotang.sakura.tv/hokkaido/
【ぴこたんぐ遺産】一覧はこちら♪
http://www.pikotang.sakura.tv/isan/
posted by ©ぴこたんぐ at 11:11| Comment(0) | ぴこたんぐ遺産
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: